インドで20代の日本人が活躍するためのシェアハウスを作りたい!

インドで20代の日本人が活躍するためのシェアハウスを作りたい!

by Masatomo Toyama

インドで20代の日本人が活躍するためのシェアハウスを作りたい!

現在の金額

¥226,000

SUCCESS!
目標金額 : ¥150,000

支援者数

32人

残りの日数

終了

このプロジェクトは、終了までに支援額が¥150,000に達した時点で成立となります。達成後にお申込みいただいた場合は、その時点で支払が確定します。

インドの日本人向けシェアハウス、「Indeeds House」の運営資金を集めるmoonshotでのクラウドファンディングプロジェクト。IT領域で目覚ましい成長を遂げるインドで、20代の日本人が学ぶ際の拠点となるシェアハウスを提供します。

プロジェクトリーダー
32bc4ba7 ef27 4a8b b587 46df42d7cef5
メッセージを送る

Indeeds House in Bangalore


はじめまして!

Indeeds House in Bangaloreプロジェクトリーダー、早稲田大学3年、外山雅大です。

現在アジアのシリコンバレーと呼ばれるインド、バンガロールにてIT留学をしつつ、日本人向けシェアハウスIndeeds Houseの運営をしています。

image


今後10年で世界一の大国になると言われるインド。

その中心を担うと言われているIT都市バンガロールにいる日本人は1000人にも満ちていません。

しかしみなさんの知らないところで、バンガロールから多くの世界的企業が生まれ、世界中から優秀な人材が集まってきています。

image


バンガロールにもっと多くの優秀な日本人を集め、将来、世界で活躍する20代の日本人を増やしたい。

その生活の拠点、そしてハブとなれる場所として、私たちはIndeeds Houseを今後も永く続けていきたいと考えています。その運営を続けていくために必要な資金を、ご支援頂けないでしょうか。

 

バンガロールに日本人が安心して暮らせる環境を


急速に発展が進むバンガロールですが、まだまだ日本人が安心して暮らせる環境は整っていません。

私たちが当初IT留学を始めた際には、若いインド人達が共同生活をおくる寮(PG)にて、それぞれ暮らしていました。
 

image


しかしPGの生活は日本人にとってストレスフルなものです。

同居人による深夜遅くまでの電話。バケツにお湯を汲み体を洗う生活。非常に限られたスペースでの寝泊まり。

そんな状態で満足に勉強に励むことは厳しい状況でした。

そこで自分たち日本人が安心して暮らし、集中して勉強や仕事に励める環境を作ろうと考え、IT留学をしていたメンバー3名で立ち上げたのがIndeeds Houseです。
 

現在Indeeds Houseには運営メンバー3名を含む、日本人5名が共同生活を送っています。

私たちがPGで経験したようなストレスを感じずに生活できるよう設備を整えてきました。

以下にいくつかシェアハウスの設備をご紹介します。

◆  ユニットバスを完備してあります。

└インドでは当たり前とは言えない、お湯でのシャワーを浴びる事ができます。

  調理器具を一通り揃えてあります。

└栄養バランスを考えた食事を調理することができます。

  高速Wi-Fiを完備してあります。

└インターネットをストレスなく使う事ができます。

  リビングには作業用のテーブルを配置してあります。

└仕事や勉強をストレスなくすることができます


このように初めは何もなかったIndeeds Houseですが、徐々に設備を整えていくことで、快適な学習・仕事環境を整えることができつつあります。

image


周囲にはIT学校に通うためのメトロステーション、スーパーマーケット、WiFiカフェなども充実しており、非常に恵まれた環境で生活をすることができます。


バンガロールで20代の日本人にとってのハブに


これまでIndeeds Houseでは月に数回、シェアスペースを利用して勉強会・飲み会などのイベントも開催してきました。

住居人の大半はバンガロールにてIT留学をする大学生ですが、ここにはバンガロールで活躍する起業家、社会人、長期インターンに挑戦する大学生など、優秀な20代の日本人が集まりつつあります。
 

image


またIT留学で学んだスキルを活かし、現在運営メンバーでIndia Noteというインドの最新情報を発信するwebメディアの運営や、シェアハウスのwebサイトの制作等も行っています。

http://indianote.asia/


今後プログラミングを学びに来る学生、インドへのビジネス進出を考える社会人がバンガロールにやってくるに当たって、Indeeds Houseが彼・彼女らにとっての拠点となり、世界で活躍する日本人がこのシェアハウスを通して増えていけるように、私たちはこのシェアハウスをできるだけ永く残していきたいと思っています。


Project Member


(プロジェクトリーダー 外山雅大)

image


早稲田大学政治経済学部3年。

大学2年次より、ウェブメディア運営を行う株式会社Ponnufにて約1年間インターンを経験。
 

学生向けのイベントやインターン等を通して多くの社会人と関わる中で、人間的にも、スキル的にも、もっと成長したいと思い、バンガロールにIT留学することを決めました。

バンガロールに来てみて感じたのは、恐ろしい勢いで成長するインドの街、そして世界のトップを走る異常なほど優秀なインド人たちの姿でした。

日本人が感じているインドのイメージと、自分の目の前に広がるインドの様子は大きく異なっていました。
 

同世代の日本人に今のインドを知ってもらいたい。そんな思いから立ち上げたのが、ウェブメディアIndia Noteです。
 

しかし情報発信だけでは限界があります。IT留学や長期インターンなどを通して、もっと多くの日本人がバンガロールという土地に足を運び、インドの成長する姿を肌で感じてもらいたい。だからこそ自分たちはIndeeds Houseをこれからバンガロールにやってくる同世代の拠点になるように、この企画を立ち上げました。

 

(プロジェクトマネージャー 北林直人)

image


慶應義塾大学法学部政治学科3年。

大学2年次より、オイシックス株式会社にて約1年間のインターンを経験。
 

インドを留学先に決めた理由はインドという国の将来性に魅力を感じ、興味のあったITについて集中的に勉強できると思ったからです。また、まだ日本でコモディティ化されていないインド留学で、積極的にチャレンジすれば得る物は計り知れないと考え、アメリカ留学の奨学金を断り、バンガロールにIT留学することに決めました。
 

インドという国のポテンシャルはものすごいです。人口は増え続け、それに合わせて国内マーケットは順調に成長しています。このまま行けば5年後、10年後必ずインドが世界の中心となる。インド1のIT都市バンガロールで日々変わっていく街並みを見ているとそのことを実感せずにはいられません。


この勢いの中でチャンス溢れるインドでの留学や起業を、安全面やインフラ、食事を理由に諦めてしまうのは非常にもったいないと思います。だからこそ、初めに来た僕たちがこれからインドに来る方たちに最適な挑戦の環境を整えてあげたい、そう思いIndeeds Houseを立ち上げました。


更によい環境にするべく努力していきますので、支援のほどよろしくお願いいたします。

 

バンガロールで家を借りるために必要な高い障壁


バンガロールで住居探し・運営をすることは簡単ではありません。

何よりの問題は10ヶ月分のデポジット(敷金)の支払いを入居時に求められることです。

私たちは自費でバンガロールに留学していることもあり、この費用をなんとか捻出しましたが、これに加えて家具の購入やWiFiの料金支払い、毎月の家賃など、お金に関する問題は現在も山積みです。

そこで今回のクラウドファンディングを通して、まずこの夏までの運営資金を集めたいと思っています。

(※運営を引き継ぐメンバーは決定済み・夏以降は住居人から資金(一人当たり家賃2万円+設備・管理費2万円)を拠出)
 

image


今後シェアハウスの運営をバンガロールに住む日本人に引き継ぐ上で、資金の問題は絶対に避けて通ることができません。

今回クラウドファンディングを通して集まった資金はより多くの日本人とインド人がIndeeds Houseを通して交流できるようにするための、シェアハウス内コーワキングスペースへの設備投資、一部立ち上げにかかった費用の清算に充てたいと思います。

立ち上げにかかった費用の内訳

image


今後Indeeds Houseを運営していくにあたって必要となる費用一覧 image


今後Indeeds Houseを運営していくにあたっての費用明細は下記のURL先、スプレットシートにて随時公開いたします。


Indeeds House費用一覧:

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Vn5ZJ0A8ObBbRGlFxoPIsiLY_WwaCjgQsPfRfZAhbIA/edit?usp=sharing



リターンについて


支援額:1000円

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。
 

支援額:3000円

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。

3. シェアハウスの宿泊券を3泊分(6,000円相当)プレゼントします。
 

支援額:10000円

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

3. シェアハウスの宿泊券を5泊分(15,000円相当)プレゼントします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。
 

支援額:30000円

 1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

 2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

 3. シェアハウスの宿泊券を15泊分(45,000円相当)プレゼントします。

 4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

 5. シェアハウスメンバーとインド人で作成したサンクスムービーをYouTubeにアップしURLをお送りします。
 

支援額:50000円

Aプラン

1. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

2. シェアハウスの宿泊券を20泊分(60,000円相当)プレゼントします。

3. シェアハウスメンバーとインド人で作成したサンクスムービーをYouTubeにアップしURLを送りします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

5. インド国内限定の最新アンドロイドスマホ「Micromax Canvas A1 with Android One(15,000円相当)」をご自宅にお送りします。
 

Bプラン

1. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

2. シェアハウスの宿泊券を20泊分(60,000円相当)プレゼントします。

3. シェアハウスメンバーとインド人で作成したサンクスムービーをYouTubeにアップしURLを送りします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

5. 世界遺産であるハンピ旅行をガイド付きでプレゼントいたします。(宿泊費・現地での交通費込み)
 

※ サンクスムービーの長さは約3分で日本人・インド人計20名で作成いたします。

※ 宿泊券・ハンピ旅行は約1年間有効です(2016年2月末まで)

 

最後に


今このシェアハウスに集まるメンバー約15名(留学生・インターン生・起業家等)で、今年一年間を通じて100人の日本人をバンガロールに誘致することを計画しています。
 

image


アジアのシリコンバレーと呼ばれる、起業・ITのメッカ”バンガロール”。

この街の素晴らしい魅力を日本の皆様に伝え、ここから世界で羽ばたく日本人を何人も輩出できるように、私たち自身も誰かのために、社会のために、そして自分のために努力を続けたいと思います。


・公式HP

http://indeedshouse.asia/


・Facebookページ

https://www.facebook.com/indeedshouse


・India Note

http://indianote.asia/

この内容を選択

¥1,000

限定10人

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。

リターン実行予定日: 2015年02月20日

支援者 : 7人

このリターンを選択

この内容を選択

¥3,000

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。

3. シェアハウスの宿泊券(発行より1年間有効)を3泊分(6,000円相当)プレゼントします。

リターン実行予定日: 2015年02月20日

支援者 : 13人

このリターンを選択

この内容を選択

¥10,000

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2.シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

3. シェアハウスの宿泊券(発行より1年間有効)を5泊分(15,000円相当)プレゼントします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

リターン実行予定日: 2015年02月20日

支援者 : 10人

このリターンを選択

この内容を選択

¥30,000

限定5人

1. プロジェクトリーダーより3カ国語によるお礼メッセージをお送りいたします。(日英印)

2. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

3. シェアハウスの宿泊券(発行より1年間有効)を15泊分(45,000円相当)プレゼントします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

5. シェアハウスメンバーとインド人で作成したサンクスムービーをYouTubeにアップしURLをお送りします。

リターン実行予定日: 2015年02月20日

支援者 : 1人

このリターンを選択

この内容を選択

¥50,000

限定2人

1. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

2. シェアハウスの宿泊券(発行より1年間有効)を20泊分(60,000円相当)プレゼントします。

3. シェアハウスメンバーとインド人で作成したサンクスムービーをYouTubeにアップしURLを送りします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

5. 日本未発売の最新アンドロイドスマホ「Micromax Canvas A1 with Android One(15,000円相当)」をご自宅にお送りします。

リターン実行予定日: 2015年02月20日

支援者 : 1人

このリターンを選択

この内容を選択

¥50,000

限定1人

1. シェアハウスのウェブサイトに支援者として名前を掲載いたします。(写真付き)

2. シェアハウスの宿泊券(発行より1年間有効)を20泊分(60,000円相当)プレゼントします。

3. シェアハウスメンバーとインド人で作成したサンクスムービーをYouTubeにアップしURLを送りします。

4. インド伝統のチャイティーセットをお送りいたします。

5. 世界遺産であるハンピ旅行をプレゼントいたします。(宿泊費1泊分・シェアハウスからハンピまでの往復の交通費込み、現地を訪れたことがあるスタッフによる日本語の現地の見所ガイド付き)

リターン実行予定日: 2015年02月20日

支援者 : 0人

このリターンを選択